キャンセルできる航空券

体調不良や急な予定変更、身内の事故や病気で旅行の予定が変わってしまうことってありますよね。

 

もしくは、「予定が変更になるかも」と薄々わかっていても、航空券の予約をしなきゃいけない場合もあります。

 

そんなとき、キャンセルできる航空券、もしくはキャンセル料のかからない航空券があればとても助かります。

 

そういう航空券ってあるんでしょうか? あるとしたらどんなものなのでしょう?

 

キャンセルできる航空券というものはないけど…

まずは残念なお知らせ。自由にキャンセルできる航空券というものはありません。あとあとキャンセルするなら、それなりの手数料やキャンセル料はかかってきます。

 

でも、あとで日程の変更ができる航空券や、キャンセルの場合でも発生する料金が低い航空券というものはあるんです。

 

順番にご紹介していきます。

 

日程変更ができるのは正規航空券

予約があとから変更できるのは「正規航空券」「株主優待割引」といったチケットとなります。フレキシブルな対応が可能なので便利。

 

しかし、料金は当然、割高です。やっぱり格安航空券を利用したいものですよね。

 

格安航空券でも入金前ならキャンセル料は無料

JALやANAといった従来の航空会社でも、ピーチやジェッススターといったLCCの格安航空券でも、嬉しいことに、入金前であればキャンセル料は無料です! 手数料もかかりません。

 

キャンセルできる航空券ってある? JAL&ANAとLCCの違いとは…

予約から入金締切まではあまり間がありませんが、この間であれば無料で取り消せるので、いま一度予定が合うかどうかよく確認してから決済するようにしましょう。

 

ただし、旅行代理店を経由して予約した場合は、多少のキャンセル料が発生する場合があります。

 

入金後のキャンセル料は航空会社によりまちまち

入金が完了したあとのキャンセル料は、航空会社によってそれぞれ違います。基本的には、JALやANAなど、従来型の会社の場合はキャンセル料が低め。

 

では、そのキャンセル料がいくらかというと……これはチケットの種類と会社、路線区分などにより千差万別。ほぼ全額の場合もあれば、数パーセントということもあります

 

詳しい金額は予約したサイトで調べるか、もしくは航空会社に問い合わせるなどしましょう。

 

一方、ピーチやジェットスター、バニラエアーといったLCC(格安航空会社)のチケットはほぼ全額がキャンセル料として取られてしまいます。つまり、実質的に「キャンセル不可」ということ。

キャンセルできる航空券ってある? JAL&ANAとLCCの違いとは…

LCCの場合はチケット料金を格安にする代わりにフレキシブルな対応ができなくなっておりますので、注意が必要です。

 

まとめ

いつでも全額が払い戻されるような「キャンセルできる航空券」というものはありませんでした。ちょっと残念ですね。

 

しかし、入金(決済)前であれば、どこであってもキャンセル料は無料。できるなら、入金前に予定を確定させたいものです。

 

もし入金後にキャンセルする場合、JALやANAといった従来型の航空会社の方がキャンセル料が低めとなっています。予定変更する可能性が濃厚な場合には、ちょっと割高でもこちらを選んだ方がいいかもしれません。

 

一方、ピーチやジェットスターなどのLCCのチケットは、入金後のキャンセルはほぼ不可。一度予約して入金したら、お金は戻ってきません。

 

それでは、ご自身や同行者の予定についてよく検討し、ベストな搭乗券をお買い求めください。

 

最安値の比較検討ならさくらトラベル

国内線の格安航空券を一斉比較するなら、さくらトラベルがおすすめです。出発日時・路線・人数などごく簡単な情報を入力するだけで一発比較ができちゃいます。

 

 

さらに、会員登録すれば予約確認やキャンセルもサイトから即座にできる。国内旅行・出張をお考えなら、さくらトラベルをぜひ一度使ってみてください。きっとその便利さに感動するはず!

 

》》国内格安航空券を一括比較!

トップへ戻る